適切な処置を行う|定期的な予防歯科で虫歯を防ぐ|歯医者でクリーニングをしよう

適切な処置を行う

man and woman

知識に基づいた説明

親知らずになると、痛みで食事が満足にできない状態になります。酷くなると喋る時にも痛みがあり、話が上手くできない場合も考えられるため早めの対処が必要です。親知らずの治療は、一般歯科で抜歯をするか、口腔外科で抜歯をするかになります。親知らずの状態によっては抜歯が必要ない事もあるため、医師に確認する事が大切です。親知らずの抜歯を行う場合は、痛みや腫れなど不安がつきものです。歯科医を選ぶ時は、経験豊富で事前にカウンセリングと抜歯の説明を行ってくれる所を選びましょう。何故抜歯が必要か、自分の親知らずがどんな状態かなど、細かく説明してくれる歯科医は、安心できるため好まれています。また、一般歯科でも口腔外科の専門知識を持った歯科医が効率的です。口腔外科は、親知らずの抜歯に関して通常より知識があるため、痛みや腫れを極力抑える事に適しています。

刺激を与えない

親知らずを抜歯した際は、出血や腫れなどが治まるまでの生活に気をつける必要があります。事前に説明があるので、不安な点は確認しておくと安心です。一般的に、抜歯後しばらくは麻酔が効いているため、効果が切れるまでは食事は控えるようにしましょう。どうしても食べたい場合は、反対の歯で噛むなどの工夫が大切です。抜歯後にものが食べられない場合は、ゼリーなどの柔らかいもので栄養補給をすると効率的です。食事が難しくても、水分は摂るようにしてください。また、数日経っても痛みや腫れが引かなかったり、出血が止まらない場合は歯科医に相談する事が重要です。アフターケアが万全の病院を選ぶと、トラブルに対処しやすい利点があります。親知らずは放置すると痛みが増すので、適切な治療をする事が大切です。歯科医を選ぶ際は、経験と知識が豊富な、信頼出来る医師に任せると安全な治療に繋がります。