術後も継続的にケア|定期的な予防歯科で虫歯を防ぐ|歯医者でクリーニングをしよう

術後も継続的にケア

woman

歯科用CT検査

インプラントは人工歯根と言われ、入れ歯よりも安定性があり、長く使えるために急速に普及している治療法です。三重でも多くの治療事例がありますが、手術の際には入れ歯と同様に充分な事前検査や治療計画が必要です。ここを疎かにすると、手術後に不具合が起きる可能性が高まります。三重のインプラント治療は、歯科用CT検査を行ってあごの骨の厚さや質をしっかりと確認し、歯茎から神経や血管までの長さも測定します。そして、得られた結果から適切な長さのインプラント材を選ぶのです。手術前にあごのCT撮影は重要で、三重では画像診断を行って、安全で確かな治療を実施しています。手術後は、歯科衛生士による定期的なクリーニングも行ってくれます。

一体化するまで定期検診

三重の歯科医には、インプラントの高い技術力があります。インプラントを入れた患者から、見た目がよい、よく噛める、違和感がない、などの声が寄せられています。インプラントは、チタン製のインプラント体をあごの骨に埋め込みます。骨とインプラント体が一体化するまでに通常3ヶ月ほどかかりますが、三重の歯科医はその間のケアもきちんと行ってくれます。噛み合わせは合っているか、ぐらつきはないか、口腔ケアは充分か、骨の状態はよいかなど、術後のケアをトータルに行います。インプラントで自然な咀嚼が取り戻せると、全身の健康状態が改善されることもあります。歯は、身体の健康にも直結している大切な臓器なのです。気になる症状があるときは、歯科医の受診をおすすめします。