矯正する時に気をつける事|定期的な予防歯科で虫歯を防ぐ|歯医者でクリーニングをしよう

矯正する時に気をつける事

白い歯

マウスピース使用の注意点

歯の矯正には色々な方法があります。昔はブラケットやワイヤーをつけて歯と歯を動かす方法が主流でした。しかし、医療技術の発達により、最近では透明なマウスピースをつけて歯の矯正を行うマウスピース矯正も主流になってきました。マウスピース矯正の場合、透明なマウスピースをつけることで歯並びを改善することができます。しかし、注意しなくてはいけないことがあります。マウスピースをして歯の矯正を行うためにはその人専用のマウスピースを作らなくてはいけません。しかし、ブラケットの場合も透明なマウスピースの場合も、歯の矯正の基本となるのは歯と歯を動かすことです。そのため、骨が完全に発達していない子供がこの方法を行うと、成長過程でマウスピースが合わなくなる事があります。また、マウスピースをつけている時間が短いと、歯がうまく動かなかったり、元の歯並びに戻ってしまうことがあるので注意が必要です。

大人と子供の歯の違い

歯の矯正には時間がかかります。短期間で済む人もいれば、長い期間かかる人もいます。特に大人の場合は骨の発達が終わっているため、歯並びを矯正するのに時間がかかります。子供の場合、骨が発達途中のため、大人よりも歯が動きやすいと言われています。しかし、子供の場合は歯が生えそろってない事が多いため、歯並びが悪いのかどうか判断がつかない事があります。気になる場合は子供用の矯正歯科で診てもらうといいでしょう。歯の矯正は早ければ早いほど、矯正の期間も短く、費用も安く済みます。矯正が必要となった場合、歯ブラシをしっかりしないとすぐに虫歯になってしまうので、小さい頃からしっかりと歯を磨けるように練習することが大切です。子供の場合は歯の表面が大人よりも柔らかいため、毛先が柔らかいものを使って優しく磨くだけで汚れがとれます。